育毛剤でどうして毛が生えるのか?

基本的な育毛剤の役目は、頭皮に栄養を与え、頭皮環境を向上し、発毛・育毛を促進する、という部分にあります。髪が生えるまでのアプローチ方法は、「頭皮の血行を促す」方法や「男性ホルモンを抑制して、発毛させる」方法など、いくつかあるようですが、基本的には、頭皮、つまり頭の毛穴に働きかけるものが多いようです。頭皮の毛穴から毛髪を生えやすくして、生えてきた毛髪を大切に育くまないことには髪の毛は増えませんので、自分の頭皮環境を良くする助けをしてくれるのです。だから、毛穴に十分栄養を浸み込ませるためには、毛穴が詰まっていてはどうしようもありません。日常、毛穴が詰まるような洗髪や、食生活は変える必要があります。毛穴が詰まっていては、いくら良い育毛剤を使っていても、その効果は半減されてしまいますよね。
古来よりポピュラーなセンブリの他にも、昆布や、女性を中心として人気の柑橘系など、その種類は多岐に渡っています。
育毛剤はただ日に何度も、沢山使用すれば生えてくるというものではありません。薬と同じで、毎日少しずつ、決められた量を使用することが大切なのです。勿論、個人差がありますので、数週間で効果がある人と、数か月で効果がある人がいますので、焦らずコツコツが大切なのです。

注目記事

Copyright(c) アノ頃の髪よ戻れ!現代育毛事情. All Rights Reserved.